T井の華麗に怠惰な日常。

雑誌・小説・アニメ・マンガ・映画・イケメンetc…T井が好きなものをとにかく語るブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

なんとか 

2012/04/22
Sun. 20:43

やっとこさ時間をつくって「ルパン3世 峰不二子という女」を最新話まで見れました。


……DVD購入決定wwww


うーん、あの徹底したシャレオツ感が気持ちいいですね。

なによりも原作リスペクトの劇画調とあの退廃した雰囲気、アニメシリーズリスペクトの色調。

なによりも、一話の最後のふじこが地平線に沈む太陽をバックにバイクで走るシーンは、アニメのもっとも有名なEDであるワルサーP38とオーバーラップさせている感じとかとかとか

アニメの節々に“粋”を感じて痺れました。

今期一番好きなアニメかもしれないと言いたいですが、他のアニメを見れてないんでまだ何とも言えないですがDVDは絶対買おうと思います。


んで、このアニメ、好きなポイントはやはり“リスぺクト”と同時に、おそらく製作者の方々がルパンという作品をとても愛していることを感じられるってのがやっぱりイイナと思いました。


前のテレビスペシャルから、今回の主人公である峰不二子の声、とっつぁん、五右エ門の声優が変わったわけなんですが、それがとてもいい効果を出しているし、とても狙われていると思います。


っていうか不二子の前声優である、増山さんの使い方とオープニングとエンディングの作り方がとてつもなく作為的でありながら、その作為に酔いしれることができるのですよ!!!

いい工作ってこういうことだと思うのーーーー!!!


OPは粋な音楽とともに増山さんの語りが続きます。
EDは若い女性ボーカルによるこれまた粋なジャズ。
そしてなにより、不二子ちゃんがまだ少女であったはずの頃がED画像です。
おそらく13~4歳ごろの設定ではないでしょうか?
まだ、膨らみかけのひかえめな胸、発達途上でありながら、だからこそ妖艶なあどけない瞳。
クラクラしちゃうような幼く、危なげな、色気。

このEDを見て、OPを思い出すと、増山さんの母のような深みを持ちつつもいまだ失われないどころか、さらに加速された婀娜っぽくしめやかな色気を放つその声は、まぎれもなく不二子の声であるのです、成熟した大人の不二子なのです。

このOPでの人生を乗り越えてきて爛熟した大人の(イメージは40~50歳ぐらいかなぁ…?)不二子と
このEDでのまだ青い果実の水水しい幼い不二子のコントラスト……!!!


あぁ、
酔っ払っちゃう。笑

そもそもOPもすっごく示唆的だし、色々考えられて作られているんだと思います。
不二子が足を組んで座っている場面の横には、ギリシア彫刻が二対、おそらく右はアポロン、左はゼウス。
青年も老人もその後ろに従えたこの感じ…ったっまんねぇぇぇな!!って感じです。ハァハァ。笑
増山さんの使い方…というと大変失礼な感じがしますが、「今」のこの素晴らしい増山さんの声が本当になまめかしくて、「今」の増山さんだからこそのあの声。
声優変えただけの意味があることを痛感させられます。
増山さんのOPの婀娜っぽい爛熟した色気の声によって、本編の沢城さんの演技のはちきれんばかりの色気に説得力が増すように思います。
本当にこの声のコントラストと、OPとEDのコントラストによって老舗アニメだからこそ持てる奥行きがもたらされているのですよ、たまらん。


また、OPの締めは「芥子」の花。

ご存知の通り、アヘンの原料。

まさしく、麻薬のような女、峰不二子。


あぁ、
酔っ払っちゃう。笑

(大事なことなので二回言いました。笑)


まぁ、そんな感じの構造の中に組み込まれた本編も、たまんなく酔っ払っちゃう色気にあふれています。

特に一話のルパンとの危ない関係を表した話はよかったなぁ。
暇を持て余したルパン。
一話のルパンの感じはかなり原作に近かったように感じました。
ってか一話にとっつぁんがチラっと出たんですが、そのとっつぁんの部下っぽい子が、某友人がとても好きそうな感じでちょっと笑いました。笑
ちょびっとガルマに似てるし。笑笑


とりあえず、一話はルパン、二話は次元(これもよかった!)、三話は五右エ門(浪川氏のくっそ真面目な演技が面白いコミカルな回でした。)と、ルパンファミリーは制覇したので、
四話目からどうなるかなーとwktkしているところです。


あー、早くDVD欲しいなぁぁぁぁぁぁ~~~

ってかルパンのTVシリーズ、全話まだ見れてないんでそっちのDVDも欲しい~~^q^


しかし、院生になって若干忙しいので、とりあえず今期のアニメについていけるように頑張りたいと思います……

あー、Fateも早く見なきゃなー…ヨルムンガンドも見なきゃいけないのに時間がないっ!!!


さて、ちょっと調子に乗りすぎて本日読まなきゃいけないものに全然手をつけていないのでいい加減読もうと思います。

ツタヤのレンタル100円が最終日だからDVD借りに行きたかったんですが無理かな…
なんし色々頑張ります。


「ルパン三世 峰不二子という女」という作品。
本当に製作の方々の愛と工夫が感じられて、一ファンとしては本当に本当に嬉しいし、驚きと発見、そして新解釈…
どれをとっても本当に楽しませていただけるエンターテイメントとなっております。

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

グツグツ 

2011/12/16
Fri. 00:27

卒論…頭が煮詰まってきておりますwww

いちお半分以上はいったんですが……

こっからが全然、中身も構成も考えられていない未知のゾーンとwつwにゅうwwww


実は資料が現段階でまだ全部集まってないので、どうやって誤魔化すかを超考えてます。笑

明日は、明日こそは資料集めに繰り出すゾ……!!

あ、ご報告遅れましたが携帯の方は無事復活しましたヨーwww
復活っていうか新しいのがドコ●さんから送られてきて、水没した方をポスト投函という流れなんですが。


あー…もうちょっとガンバロ。
今年はクリスマス前から実家に帰って引きこもって卒論仕上げますヨー。


んで、カッっとなって今更ながら今期のアニメ『un-go』をちょびっとみてみました。

いやーEDが秀逸!!
何気に今期1番のEDかもしれません。

シャレオツですね。
UN-GO ED LAMA 「Fantasy」

もぬんもぬん系の電子音楽っぽい感じ。(もぬんもぬんwwww)

うーん、やっぱりこういう人間臭くない感じのシャレオツ系でリズム効いているのがなんだかんだで好きなんですよネー
ロックも大好きですが。
最近はうるさい系より、クラブ系とかリズムが心地いいのに惹かれますわ。

しかし、カラオケでの十八番は「Gost Sweeper」と「コブラ」ですけど……何か??笑
多分、歌い方とか声質が昭和っぽいのが原因と思われます。笑笑笑
う、ん?ある意味上記二曲もリズム効いてんのか??
とりあえず、コブラはサックスがヤバいですw
ホントにかっこいい!!

これからも卒論しながら徐々にun-go見進めよ~っと!!
アニメの方も、目立たないですが面白いです。(今期は色々派手な作品多いんで埋もれてる感半端ないですねw)
ミステリ好き。

製作会社はボンズなんでかなり堅実な作りかと思います。
やっぱ色彩は落としている方が俄然好みなんで、色的にも楽しいデスわ。
っていうか、このアニメの主役二人組の片方の男の子の声、あいなまだと気付かなかったですよ。
元々声優当ては超超超苦手なんですが(特に女性声優はほんとにわかんないです)いつにもまして気付かなかった気がします。

ungo_20110805_10.jpg


さーて、本読んで、一時までには寝たいナっと…!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ルパァァァン 感想 

2011/12/03
Sat. 00:49

ひっじょうに面白かったので感想書くかどうかわかんないって前の記事で書きましたが、勢いのまま書く!!!笑

ちなみにネタバレ満載なんでご注意を~~
しかも見た人じゃないと色々わからないうえに時系列はめっちゃ無視してお気に入りの部分のみを抽出書きしています。笑
(こんぐらいの情熱を持って卒論書けば一瞬で終わるのに……)

やっぱ幼女とおじさんの組み合わせは最強ですねー!
マキちゃんとルパンの組み合わせは最初からマキちゃんの成長ストーリーも含まれている予感が押し寄せてきてしょっぱな30分で全体への期待が高まりました。
そして儚げな美女と次元の組み合わせも最強だと思います。
ただ、ミサねぇちゃんのセーラー服シーンでは何故ソックスはいてないのか謎でしたが。笑
あれ、はいてないよね??笑笑
何かのフェチ??

んで、やっぱり何より作画が最高級によかったですよね。
車とかはCGなんですけど、作画に違和感なく溶け込んでました。
この辺の技術力の向上はすげぇなぁ~…と。

そして特筆すべきは今回のTVスペシャルってカメラワークが面白かったです。
冒頭の乱闘シーン・カーチェイスシーンのカメラワークとか
不二子ちゃんとルパンのお約束お色気シーンの俯瞰カメラワークとか
ミサ姉ちゃん憑依による氷室の怪物化シーンのカットの切り方とか
怪物氷室のぶっ飛ぶ生首を次元が打ち抜くシーンとか………
本当に非常にカッコよくて「おらワクワクすっぞ」な状態でした。笑笑

全体の作画はテレコム・アニメーションというスタジオジブリとの関係が密なアニメ配給会社というだけあって2ndシーズンや駿っぽい感じでしたね。
ルパンはいろんな配給会社がやってくれるから毎回楽しいですね~
その影響なのか、ミサとマキの姉妹のテンプレ(耐える姉と元気な妹)がトトロのさつきとメイに見えました。
やっぱ姉妹はイイネ。
あ、だからミサのセーラー服では素足にローファーだたのかな??笑

それと石田さんがやっていた氷室は明らかにムスカだろ、とwww
白スーツだしwww
金髪色眼鏡だしwwww
だからどうしたって感じなんですが多分そうだろうなと言う気付きが面白いじゃないですが。笑
氷室とミサの関係とかもラピュタのシータとムスカっぽいですし。(実は遠い血縁関係っていう)
そしてラピュタでは王族血筋のシータと王族を支える裏方血筋のムスカっていう感じで。
これは、多分脚本家は意識しているだろうなぁ~とは思う。
氷室が最後、火にのまれていくとことかは巨神兵っぽかった気がします。
んで、ラストの盗まれたミサってのはカリオストロ意識ですよね。

……か、感違いじゃない、よ、ね……??(見てる時は興奮してたけど見終わったら不安になってきたw)
まぁこれから金曜ロードショーが「おうちで見よう。」企画でジブリが続くのでその一発目としてジブリ念頭で製作陣もテレビ側も依頼、製作した感じが伺い見えますよね。
う~ん、改めて特徴を連ねると非常にジブリが意識されている感があるなぁ…
そう思ったら、冒頭の足こぎ飛行機も魔女の宅急便のトンボに見えてきますよね~


しかし、確かに今ムスカのキャストを選ぶとしたら確実に石田彰だわなwww
気色悪い感じをやらせたら一番だもの。笑
狂乱系色モノやらせたら声優界で右に出るものはいないよね!笑笑
あ、でも狂乱系色モノ路線は草尾毅氏もアリかwww
(ちなみに静寂系色モノは問答無用で子安氏かと思います。笑)

ついでに氷室の最後の気持ち悪さの異常さはピカイチすぎたwww
白スーツ着せたのももしかしたら最後の筋肉だるまシーンで服が破れてパンツ見たいになるところを見越していたのかもしれんなと思いました。笑


後、最近のアニメの色指定がいやだ見たいな話をガンダムアゲの話でした気がするんですが、今回のTVスペシャルの彩度が落とされた色彩はとても好みでした。
何気に一番この色彩が今回のTVスペシャルで一番好みのところかもしれんw
っていか今、wiki見たら、2ndシーズンの色設定を基にしているらしいです。
そりゃ好みのはずだわwww
作画監督も『世界名作劇場』とか『となりのトトロ』、ジブリの原画を手掛けた方らしいですし。
うん、そりゃ好みのはずだわwww

そう思うとやはり、今回のTVスペシャルはジブリという巨人、一番人気のアニメ2ndシーズンという巨人。
この二つの巨頭を手本として定めて取り掛かったんだろうな、と。


そして、次は前も話題にした声優に関して。

みゆきち……思った以上に最高でした!!
みゆきちらしい婀娜っぽさが発見されて、一番新しいキャラクター像になっていたように思います。
イイなぁ!!!
見てる最中に「不二子ちゃん!!!カワイイッ!」と叫んじゃう感じでした。笑
あの不二子ちゃんには騙されたいですねぇ~~
淑女のフリした娼婦なのって感じでした…イイ……(個人的な好みの問題もありますがw)
時には娼婦のように~♪という黒沢年男の曲がエンドレスリピート♪笑


そしてみんな大好き色キチ先生こと五エ門は、井上さんのイメージをそのまま踏襲してましたね~!
浪川氏やるなぁ~と。
一番違和感がなく、ブレもなかったかと。
若干スカシ具合とイケメソ具合が増していた感があります。
ってか水ぬれふんどしペチャ髪五エ門ってばカッコよすぎでしょ!笑
今回は五エ門さんはコメディシーンがなかったんで、コメディっぽい時はどうなるのか今後のTVスペシャルが楽しみですね。
それにしても台詞が少なかったな。笑
最近台詞少ない役多いね、浪川さん。笑笑(アザゼルさんの芥辺とかw)


最後の新キャスト陣では一番ベテランの山ちゃんが演じた銭型のとっつぁん!
実はこれが一番違和感がありました。
なんか渋すぎじゃね…?と。
ちょっとかっこよすぎだなぁ~と……
しかぁし!これ八尾比丘尼の島に行った辺りで、ルパン1世が目印に残した穴に落ちちゃう辺りから良くなってきました。
この辺からとっつぁんの醍醐味であるコメディ色が強くなってきたように思います。
納谷さんのとっつぁんはコメディが強くたまに渋い!って感じでしたが山ちゃんのは渋さがまず耳についたかな?
これからとっつぁんがもっと出てくるTVシリーズがあると思うんでその時に期待。
今回はあんまりとっつぁんの出番なかったですものね。


いやぁ~~新キャスト陣、とってもよかったですねぇ!!
その新キャスト陣を迎えてのTVシリーズ……
ファーストコンタクトを超える平成ルパン内の良作だったと思います!!
平成ルパンのTVスペシャルでしたら今まで「ワルサーP38」と「ファーストコンタクト」が好きだったんですが、平成ルパンの中では今回の「血の刻印~永遠のmermaid~」を連ねたいです。
(…平成ルパンっていう名称も最後になるかもだし(不謹慎発言で失敬))


さて、ここまで延々とオタク的観点で語ってきたんで、次はストーリー面を軽く触れたいと思います。

今回のルパン、テーマ性が強かった!
現代の世の中を受けてかどうかしりませんが「仕事」に対する疑問(ルパンと次元が海辺で語らいあうシーンはルパン史上の中でも屈指の名シーンに数えられると思います。っていうか個人的に超お気に入り。)と「ルパンという呪縛」。
この二つが裏テーマだったかと思います。
「ルパンという呪縛」は主題である「血の刻印」ともかかって八百比丘尼の呪いとも掛けられていますよね。
「仕事」っていうテーマはかなり時事ネタとして面白かった。
この辺をマキという「次世代」の存在に匂わせながらも明確な答えは与えずに、颯爽といつもの日常(逃亡と盗みの繰り返し)へと回帰していく様は本当にカッコよかった。
「泥棒がかっこいいんじゃなくってルパンがカッコイイんだぜ」みたいな最後の〆の台詞は心に残りました。
そうだよな~
自分の仕事が何かよりも、そこで自分が何をするかのほうが重要ですよね。
それを台詞で語らずに生きざまで見せつけるルパンシリーズの真骨頂を垣間見た気がします。
つかハードボイルドの真骨頂?

続いてのテーマ「ルパンという呪縛」(≒血の刻印)。
っていうか単純におじい様、ルパン一世がカッコよかったスわ。笑
手の甲にキスと、刻を超えたラブレター…っ!!!
何よりの宝は美女…っ!!
カッコイイですよ…メロメロですよ……
んで、テーマについては、製作陣側には、ルパンの新陳代謝っていう意識がマキという「次世代」と「ルパンという呪縛」に感じられました。
新キャストを迎えての一発目ってことがやっぱり意識されてたのかな?

40周年を迎えて、今一度ルパン自身が「ルパンという呪縛」と泥棒という「仕事」への問い直し…
それは製作陣にとっても同じなんだろうと思います。


あーーー!!!
テーマに関しては、今一度見直して深く考えなおしたいです。
ルパンと次元の海辺のシーンとかもう一度見てからちゃんとコメントしたいっ!!
ただ、テーマに関してはあくまで裏テーマであって、そこを匂わせながらもエンターテイメントに徹したところが今回の特徴かと。
個人的には若干テーマ性に関しては物足りない…
しかし、もう30分……いや、もう10分枠が伸びていれば、もう少しテーマの掘り下げができた気がしますが、TVスペシャルとしてはこれぐらいのサラッとした感じがいいのかもしれませんね。
ハードボイルドって語りすぎないところがミソかと思われますし。


さてさて、めちゃくちゃ長くなりましたが、まだまだ語り足りません!!!

…ホンマに長いなwww

また後日、見直してからの「ルパンという呪縛」(今回はジブリという呪縛も裏裏テーマとしてあったのかもなー…)と現代の「仕事」についての次世代へ向かってのメッセージを考え直して記事にしたいと思います。
今回はルパンと次元のタッグ、次元と五エ門のタッグがいっぱいあって本当に楽しかったですし!!
ファンサービスをありがとうございます…泣ける!!笑

だが、本当に書くかは約束はしないっ!!笑

いつも通り書けたら書くスタンスで!

んでいつも通り思ったことを書き散らかす、めちゃくちゃ読みにくいスタイルで申し訳ありませんw

改善したいんですが、改善できる気がしない………orz


あー、楽しかった!!!
本当に楽しかった!!!!!
夢のような二時間でした。

やっぱり私はルパン3世を愛している!
「ルパンという呪縛」から逃れらないという「幸福」を噛みしめております。

アニメ界の呪縛、ルパンとジブリをバランス良く消化した秀作をリアルタイムに見れたことは本当に幸福です。

呪縛って呪いでもあるけれど、越えるべき背中でもあると思うんで、これからもアニメ界は、呪縛を背負いながらも捕われることなく頑張っていただきたいなぁ…

来年のTVスペシャルは、今回のアニメ界の呪縛をバランスよく消化した秀作を超えて、でっかい背中を飛び越える傑作が生み出されるのではないでしょうか??

あー…見終わって二時間ぐらい経っても、いまだ心に残る幸福感……
たっまんねぇなぁー………

まだまだこの幸福感については言い足りない!
まだまだこの興奮を消化しきれないっ!!!

だけど卒論に戻りたいと思います……笑

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ルパァン 

2011/12/02
Fri. 16:09


いつの間にか12月~~~
卒論相変わらず、ヤバイですよ。。。笑

そんな暗い話はおいといて、

本日は21時から新声優を迎えたルパン3世ですねーー!!!
このために今日はバイト休み取った!笑笑

プロモ聞いた限りは、新声優陣も別味があってよさそうです。
みゆきちこと沢城みゆきさんの峰不二子は、ちょぉっと色気が足りない気がしたけど、それもアリっちゃアリやなと思ってwktk。

みゆきちって不二子よりの婀娜っぽい色っぽさじゃなくて、清廉な感じで秘して魅せるイメージなんですよね、個人的に。
その点増山さんの不二子ちゃんは(不二子役によって)婀娜っぽいから一番別味になるんじゃないかなー??

そういう意味でみゆきち不二子ちゃんが一番どうなるのかな~と思っております。
なんしwktk。

しかし、ここ数年のルパンTVスペシャルは脚本がいまいちなんで今回は新キャストと共に脚本の方も頑張ってほしいなwww
2003年のファーストコンタクトが一番謎めいてて、ハードボイルドっぽくてよかったよなぁ
(次元によって語られるルパン一味の出会いの語り手であるはずの次元が実はルパンが扮装していたところとかの演出がとてもよかった)

今回のTVスペシャルの感想は……

書くかどうかはわかりません。笑

気が向いたら書くよーwww

21時まで全裸待機だぜ!笑笑

あー、早く次元に会いたい………

あ、ブログで言ったことなかったかもですが、私の初恋は次元大介ですよ?^^笑
昔の好きキャラ考えると異常(オタクなりたての時は一瞬ツンデレっぽいのが好きだった…と思うが記憶が定かではない)なんですが、今の好み傾向を考えると妙に納得。

以下、どうでもいいぼやき。(↑もかwwww)

あ~~懐かしい。
小学校の夏休みは毎日ルパン見ては寝て、ルパン見ては寝て……という生活してたなぁ……
あの時一生分のルパンVS複製人間を見た気がしますwww
ルパンVS複製人間をおさめたビデオ、結局擦り切れてところどころ見えないんですよね。まだ実家あるのかな??
なぜかカリオストロよりも複製人間を見ていたのを思い出すと謎。笑
カリオストロ見てもクラリス見たいになりた~いとかルパンおじさまカッコイイって思っていた記憶がないもんなー…
それより複製人間では不二子ちゃんのセクシーシーンが多くってそっちばっか覚えてます。
あの不二子は今見てもエロい!
っていうかマモーという気持ち悪い男と不二子ちゃんが並んでいるシーンってのがキショイんだけどエロイんスよwww
浮世絵とかで、大タコと絡む美女とかの像があるかと思うんですが、そのノリと一緒だと思うんですよね。
美男美女の絡みより、気持ち悪いものと美女の対比の方がエロイってね。
そこまで当時考えていたのかは不明ですが、本能的に感じてたのは確かかと。笑
気持ち悪いけどなんか見ちゃう!っていう、ネ。
ストーリー云々よりも、作品全体を通した気持ち悪さと消化不良なところと不二子ちゃんのセクシーシーンと良質作画による次元の薄汚れたカッコよさが焼き付いて頭から離れない作品ですよね。
久しぶりに見てぇな~www

そんな感じでルパンにまみれていた小学生時代は、人生において最も幸福な時間のうちの一場面ですね!笑


さぁて、全裸待機しながら卒論進めて21時を待ち構えようと思います。

ふふんふふ~~~~ん♪

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

カーチス 

2011/10/31
Mon. 23:06


水樹奈々様のニコニコ生放送LIVEがプレミアムなのに飛ばされまくってついにはサーバーメンテナンスに突入したので、その合間にブログるwww
運営頑張れーwww

これはタイムシフトで見た方が安定して見れるかなぁ…

せっかく最前だったのに悔しいっ!笑
つかパワゲの途中で飛ばされたのは悲しかったわwww


さて、その合間に先日届いた「CURTISS R3C-0」の撮影会の模様を…っ!!笑

いつも通りの携帯撮影で、画像を圧縮するのは面倒でしていないため、無駄に画像デカイんで注意。


今回は背景にPCの空壁紙を使ってみた。
この前青い画用紙買って撮影してみたけどいまいちだったんですよねー

2011103122140000.jpg

日光背負って後ろを取られたポルコのピーンチ!!

しかし、カーチス弾切れだぁ!
「馬鹿野郎、てめぇはバカスカ打ち過ぎなんだよ!」
カスッカスッ
「…ってあれ?」
「あぁーん!てめぇも弾切れかぁ!?」
「馬鹿なこと言ってんじゃねぇ、俺のは弾づまりだよ!!」

的なあの伝説の空戦を思い出しながら一人でwktk。


2011103122270000.jpg

海と空の峡をすり抜けて…

バッカみたいに青い空が似合うカーチスですよね。
ちょっと背景がニュアンスすぎた気もする。



…しかし、カーチス機体の弱点は、青いため見栄え的にはやはりポルコに負けてしまうんですよねー


と言うことで、いつの間にかポルコのSAVOIAの撮影会にシフトしてましたwww

2011103122160001.jpg

必死に指が写らないように頑張った力作!!
これは自分的にメチャクチャお気に入り。

中欧辺りの冬の寒空を、襟巻ぐるぐるに巻いて白い息を吐いて悪態付きながら飛んでいるポルコのイメージ。
イタリアの暖かな海を思いながら、帰ったら必ずジーナの酒場に行ってウィスキーを飲むことだけが頭を占めているんだよ、カッコいい!!!

と、言う妄想www

2011103122240000.jpg

これも冬のイメージ。

アルプス山脈の傍の国境付近を、太陽目指して飛んでいる感じで。


はぁ~~~満足満足。

と、夜も遅くに飛行船を両手に持ってブーン^^とかってやっているこんな23歳、とっても嫌だwwww

ま、それが現実である。笑


さて、奈々さんのLIVE再開したんでまた視聴しに行ってきまーす。

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。