T井の華麗に怠惰な日常。

雑誌・小説・アニメ・マンガ・映画・イケメンetc…T井が好きなものをとにかく語るブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

Time flies like an arrow. 

2011/05/31
Tue. 23:56

本日はゼミで『独立少女紅蓮隊』という映画を見ました。

パロディ盛りだくさんなのだけれど、沖縄に関する諸問題が透けて見える内容は圧巻とともに極上のB級娯楽作品でした!
真面目に泣ける映画も大好きだけれど、やっぱり一番好きなのはB級娯楽作品ですね~
ガハガハ笑えるのにちょっと毒ッ気があるものが一番好き!

好きな映画とか好きな小説のテイスト、好きな漫画の作風とかって
実際に対面して話すその人よりもその人の考えてることや人となりがよ~くわかる気がしますよね。

私は好きな漫画を聞いてその人の最深部の考え方感じ方を測るのがとても好きだ。笑

つまり私の最深部は低俗かつB級娯楽女でございます。

あながち間違ってないと思っている私の漫画人格診断…

これはこれで別の記事をきちんと書いた方がよさそうだwww


ということで今回の前置き(という名の本題)はこれぐらいにして……


私、時計が、欲しい!!!

ひとつSEIKOの良い時計を叔父から頂いているんですが、それはTheフォーマルなので
(しかも2年半ほど電池止まったまま…wwwwいい加減入れに行きたい)
カジュアルルックスに似合うのが欲しいんです。

と、思ったのはこの時計の画像たちを見ちゃったから……


nixon-time-teller-acetate-watch-tortoise.jpg


かーわーいーい~~~~!!(ある日の女子高生風)

べっ甲柄の眼鏡も欲しいんですけど、こんな感じのカジュアルウォッチも超可愛い><
NixonのTime Tellerシリーズ?
シリーズなのかどうなのか時計に詳しくないためよくわかってないんですが…orz
とにかくこのTime Teller Acetate Watchのシリーズは全部欲しくなるぐらいめっちゃ可愛いんです!

ほしーなーほしーなーと最近PC立ち上げるとこの時計の画像見ちゃう毎日です。

めっちゃ私の中のカジュアルウォッチとしての理想形です。

ほんまに欲しい………


↓同シリーズの別時計。

nixon-time-teller-acetate-watch-gray-granite.jpg
バンドが皮でフレームが黒のべっ甲模様?(と言っていいのだろうか?)
クールで都会的で男性にしてほしい一品。
メンズっぽい格好の時にTheメンズで決めたい時にしたい一品。

ちなみにフレームが一番上のべっ甲色べっ甲柄でバンドが黒皮という一品もあります。
それもカジュアル+クールが混ざっててカッコカワイイ感じで素敵です。
(良い画像がなかった…)

この時計の画像見てから色々Nixonの時計見たのですが、
Nixonって可愛い時計がいっぱいあるんですねー!

どれかやっぱり欲しいな~


さて、ちょうど5月も終わろうとしていますが、
いい6月が訪れますように。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

Bob Dylanを聞きたくなる時 

2011/05/29
Sun. 17:56

大阪は雨がスゴイですねー。

今日は一日おこもり。

雨が酷過ぎて外に出たくないあまりに今日の一日のご飯は宅配ピザという贅沢…

だって雨がすげぇんだもん。
これ、神様が怒ってるんだって。
外でちゃいけねぇって怒ってるんだって。

っていう言い訳。笑

来週は地元のT井の姉的存在の友人が泊りに来るので、部屋でも片付けようかと思っていたんですが、

んまぁ、無理だwwww

潔く片付けは諦めてゼミ発表の準備を徐々に進めていこうと思う。
思うだけは人類に許された最高にして崇高な行為であると思う。

と、神様のお告げがあったのじゃよ。
だって外、雨がすげぇんだもん。
外出るなつって神様が怒ってるんだって。
まじで超すげぇもん。
神様のうなり声まで聞こえてくるもん。

っていう二回目の言い訳。


さて、神様つながりでBob DylanのBlowin' in the windと雨の音に聞き惚れているところの日曜日です。

神様を閉じ込めるんだ

はぁ~~伊坂幸太郎は台詞がいちいちカッコいいんですよね。
『アヒルと鴨のコインロッカー』は小説も映画もオススメ。

映画だとBob Dylanの歌声を堪能しながら見れるので、Bob Dylanを知らない人は映画から見た方がいいかもしれません。
最近小説を全く読んでいないため、伊坂も読んでませんが、カッコいいから好きな作家さんです。
『死神の精度』から入ったちょっとイレギュラーな伊坂ファンかもしれません。
(皆さんだいたいギャングシリーズとかなのかしら?)
つか『死神の精度』っていう題名に惚れこんで書店に並んでいるのを衝動買いしたのです。
まさか映画化されるほどの作家さんだとはつゆしらず…(死神~の映画は見てないんですが)

『死神の精度』は、小説ラストの清々しさになぜか泣いてしまったな~…

後で死神~を読んだ人に感想を聞いたりしたんですが、泣くポイントはなかったそうです。笑

今でも小説ラストのシーンは映像として私の脳裏に焼き付いています。
元の文章は忘れてしまったんですが、清々しい感情とともにラストシーンは映像として妙に焼き付いてます。

なぜか私にとっては懐かしい青春を思い起こさせてくれる作品のひとつなんですよね~。

梅雨時にはどうしても思い出してしまう一冊です。

雨降りの呪いが掛かっているとしか思えないほど、毎回人間界でのお仕事の時は雨ばかりの雨男死神と死神が出会う様々な人々との間のお話。

伊坂さんらしいクールでスタイリッシュなお話だった記憶があります。
2005年5月に刊行してたんですね~

梅雨時の鬱鬱とした気分の時に読むとラストは妙に清々しい気持ちになれること請け合いです。笑


そういや、このラストの清々しさ、妙に既視感を持ったことがある……と考えてみたところ、
あの名作映画『ショーシャンクの空に』のラストシーンだったように思います。

ラストは主人公のアンディとその相棒レッドがアメリカ大陸の南部だったかアメリカ南部だったかのビーチで
二人でいるシーンだったと思うのですが(正確に記憶してなくてすみません)

そのシーンも今までの刑務所シーンや老人の死といったマイナスな空気を吹っ飛ばす清々しいシーンだったなぁ~と思い起こしております。

梅雨時だからね、身体は清々しくなれませんが、脳みそは思わず泣けるほどの清々しさを自然と求めているようで。
Bob Dylanを聞いていると、脳みそちゃんったら勝手にそんな記憶を掘り起こして来てくれました。笑

思いついたらしたためる暇人ブログ!

ってかピザうめぇ。うまうま。笑

梅雨時に聞くBob Dylanは最高だぜ!!!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

荒川氏 

2011/05/26
Thu. 23:58

この前、学部の友人たちとオタクカラオケ会に行ってまいりまして、
友人に教えてもらった面白い漫画……

死ぬほど面白かったのでご紹介www

百姓貴族 (WINGS COMICS)百姓貴族 (WINGS COMICS)
(2009/12/11)
荒川 弘

商品詳細を見る


結構前に出てたんですが、ノーマークだったぜ……orz
出版社は「ウンポコ」という衝撃的な雑誌名を掲げていたことで有名な新書館さん。笑

荒川先生と言えば、鋼の錬金術師で超有名なお方ですが……
(一人暮らしをするにあたって実家で途中まで買ってたんですが売ってしまったんですよね…全巻今度古本屋で買おう………笑)
彼は元々北海道の畜産農家の家庭の方だったというのは聞いていたんですが、
その当時の農業エッセイです。

いやー、超笑えるwww
前に東村アキコさんの『ママはテンパリスト』を紹介しましたが、
それと同じくらい好きなギャグ漫画です!!
ママテンは電車内で笑いましたが、百姓貴族はミスドで読んでて声出しちゃったよねーwww
隣の隣に座っていたスーツ姿の男性3人にガン見されましたが、気にしてない。笑

ざっくり言うと、北海道の百姓あるあるギャグエッセイです。
つーかそれ以上でもそれ以下でもないわな。笑
荒川さんは主に畜産農家さんだったようですが。

私にこの漫画を紹介してくれた友人の一言が忘れられません。

「北海道では畑で鮭がとれるwww」

読みたくなりません?笑

地元の友人が農業短大に行き、農協で働いているのですが、彼女にもぜひ読んでいただきたい。笑(私信です。笑)
その友人Nは土いじりが大好きだそうで、
よく農協で知り合ったり、短大時代のつながりで様々な農家さんのお手伝いに行っていて、
手は本当の農家さんみたいにごつごつしているんですが、
ほんっとうに農家さんは大変だと思います!
聞いてるだけでも、大変だな~と思います…

農作業の大変さもさることながら、食料自給率がめちゃくちゃ低いこんな日本においては
農家さんは政府との関係においてもかなり大変だと本当に感じます。

でも、そんな大変な状況の中でも、友人Nを見てても、荒川氏の漫画を読んでいても、
農業が好きなんだろうなー!!!としみじみ感じます。

好きこそものの上手なれ、とはよく言ったものです。

そんなに大変だからこそ、好きじゃなければできないことがとっても多いんだろうな、と思います。

笑いとともに、毎日コンビニ弁当を貪り食うダメ人間なT井ですが、
「いただきます!」の気持ちは忘れちゃあかん!と強く思いました。

農家さん、ありがとう!
だから、荒川さん、北海道を独立国家にしないでください!!笑

鋼の錬金術師の中でも小さなギャグが冴えわたっていた荒川先生のギャグを全ページで感じられる抱腹絶倒農家エッセイギャグ漫画ですよ~~

笑いたい時には、是非ご一読!!

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

ニューネイル 

2011/05/20
Fri. 23:06


OPIから出てる2011年のケイティ・ペリープロデュースのシリーズ

不思議なネイルラッカー、ブラックシャッター!

色々な雑誌で紹介されてて気になっていたのが我慢できずにネットでポチっちゃったぜー!!
塗るとみるみるうちに乾燥して不思議な感じにひび割れます。

すべての指にするとくどいかな?と思い、数本にのみ塗ってみました。



(汚い手&指で失敬…orz)

めっさ可愛い

今回はベージュのヌーディーネイルの上に塗ったんですが、色んな色の上に塗りたいですね~

またレッドシャッターとか出る?アメリカでは出てる?っぽいんでまた買いたいです

暫くハマりそう

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

お疲れ!! 

2011/05/15
Sun. 09:57


いやー、まさか帰省から大阪帰って一週間でまた帰省するとは思いませんでした。
バタバタしていてバイト先には突然迷惑かけてしまい申し訳ねぇ…
月曜日はまた大阪帰って一生懸命働くんで許して。笑
こんなに身軽な状態で帰省すんの始めてやわー


なんか恥ずかしくてちゃんとまだ言えてないので、ネットの公共スペースを借りて独白。


うちのじいさん満91歳、数えで93歳(多分。笑)でぽっくり逝きました!

じぃちゃんお疲れ!
まさしく大往生で死に方まで他人に迷惑かけないとはやっぱり貴方は凄かった。
そんな死に方まで気を使うことなかったのに…笑
と、孫ながらに思います。

ばぁちゃんがじぃちゃんがいってからずっとさみしそうやからばぁちゃんのことだけは気にかけててなー!
貴方の愚息はまことに愚息やけど(笑)妻と孫がしっかりしてるんで大丈夫です。
本当にお疲れ様でした、ありがとう!!



…それにしても、身内の葬式の世話をちゃんとするのは始めてでしたが…
(母方のじいさんは幼稚園?だったので抜く。笑)

めっさめんどくさいなwww
しかもT井の祖父母は親戚がわりと多いため身内だけで40人かそこらいた気がします。
ここ2日で何杯のお茶をくんだことでしょう…?
何度頭を下げたことでしょう…?笑
100回どころじゃねぇぞwww
いやー中々大変でいい経験になりました。
賑やかなのがじいちゃん好きやったしよかったと思いますね!

しかし、とても疲れた2日間だった…
まぁ叔母と母の方が疲れたと思いますが。笑

今日はばぁちゃんとゆっくりして明日からまた大阪で頑張るわー

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

復活 

2011/05/08
Sun. 16:57


昨日は結局風邪が悪化しバイトを休み寝倒して、本日やっと復活!!

まだリンパが張っていて、肩こりが酷いんですが…
まぁ、肩こりはいつものことだ!笑


そういや、今年はポインテッドトゥが超熱い!!
夏はヒールサンダル買おうと思っているんですが、秋冬はポインテッドトゥのシューズがとても欲しいなぁ~と思っております。

5690829707_73e434943b_o.jpg

大好きメアリーケイト・オルセン!

夏に近づこうとしているのに、冬っぽい格好をアップする季節感無視のT井www

夏って私のファッション的に難しい季節なんですよねーーorz


とりあえず、このMKの足元の感じがタマらない~
(こういうアニマルなニットも大好きです。笑)

さて、昨日からレトルトおかゆしか食べてないんで、これからコンビニに固形物を買いに行こうっと~

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

帰省 

2011/05/07
Sat. 00:41

だいぶ日記を放置してました…
なぜなら、GWは帰省して来たんですよねー。

本当は月曜日までいたかったんですが、本日バイトが入っているため、泣く泣く大阪に帰ってきました…
バイトのために帰るの早めるのは癪ですね。

帰省中に高校時代の友達とプチ同窓会。
皆就職して頑張ってる~~!

愛してるけど、嫌いだぜ、岡山。


さて、本題。
私の神、三浦しをん原作の「まほろ駅前多田便利軒」の映画も母と観賞してきました。
ネタバレはないですが、原作か映画かのどっちかを見てないとまったくわからない感想書きます。
悪しからず。

まほろの娼婦、ハイシ―を駅まで送り届けて、帰っていく時の、行天役の松田龍平の立ち去り方が妙に気に入りました。笑
つんつるてんのズボンに(ここパンツとかじゃなくてズボンって感じがイイ)、洗い古された白いのに小汚いロンT。
手をぶらぶらさせて軽快に小走る松田龍平こと行天はとても可愛かった!

でも、ぶっちゃけ配役があまり好きではなかったりします。
いや、瑛太も松田龍平も大好きなんですけど……
もっと多田はイカついイメージで、行天はもうちょっと綺麗な不思議系?のイメージでした。笑
漫画の方がビジュアルイメージは近かったかも?
そして、最大のクライマックス、小指のシーンとか自分の中で理想化しすぎてしまっていた気がしました。
普通に映画としてとても楽しかったのですが、小指のシーンのみはしをん先生の文章の方が良かったかなー…と思います。
と、言うかT井があのシーン好きすぎるんだと思いますが。

しをんさんのディティールの動作への拘り、というか…一瞬の間に沸き立つ一瞬の動作への愛好?執着?萌え?的なものがとても好きです。
『仏果を得ず』という作品では文楽を描いていますが、この作品の中で人形の(確か)足の部分を動かしているというチョイ役の人が出ていまして…
主人公は文楽の中でも物語を読み上げる方で太夫と言う役割を舞台ではになっています。
その主人公が、ある公演の最中で人形の足が妙に艶めかしく変貌を遂げたところをそのチョイ役の人に告げるシーンがあるんですが、
物体がただの物体を超えて、胸に迫るものを生み出すシーンとして、「まほろ」の小指シーンと通じるものがあるなーと思います。
なんか、こう……本当に一瞬なんだけど、一生覚えてるシーンってありませんか?
一生忘れない興奮とともにそのシーンが写真みたいに切り取られて、脳みその中に浮かんでくる感じ!
勝手な妄想ですが、しをんさんも文楽の人形や、他人の小指にそんな感じの興奮を覚えたんじゃないのだろうかと、本当に勝手に妄想しております。
なんせ、『仏果を得ず』に関してはハードカバーで売られた時に買ったため、かれこれ4年も前の話でよく覚えてはいないんですが。笑

しをん先生の作品の中にはどっかひとつ、そんな感じで脳みそにデカイフラッシュたかれて焼きついたみたいな一瞬の興奮が、そのまま作品の中で存在してる気がします。

かなり勝手に思っているだけなんで、あまり賛同は得られそうにないなーwww
なんしT井はそんな感じの経験があるので、妄想でしをんさんの作品に自分の経験を重ねているだけなんですがwww
読書にはよくある体験www
(作者と自分が同じ感覚を共有しているというのではないかと錯覚する経験を指すwww)

いつの間にかしをん先生語りに……
いやいや、中々素敵な映画でしたよー!


さて、帰省中に兄から風邪をうつされて、現段階でめっちゃくちゃ頭痛い!!!

明日もバイトなのだが、行ける気がしない!!!

でも頑張って治す努力はしようと思います。
早く寝よう。


……でも、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないを見てから寝ようwww

↓漫画版のまほろ駅前多田便利軒


まほろ駅前多田便利軒 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)まほろ駅前多田便利軒 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2009/12/18)
山田 ユギ、三浦 しをん 他

商品詳細を見る

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2011-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。