T井の華麗に怠惰な日常。

雑誌・小説・アニメ・マンガ・映画・イケメンetc…T井が好きなものをとにかく語るブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

まさかの二カ月空きwwww

理由はスマホ購入後PCを立ち上げる機会が本当にめっきり減ったからですwww

スマホで何かと事足りる…

このため最近のアニメ(T井はアニメはネットで見る)事情にめっきり弱くなってしまいました。
相変わらず漫画は毎日読んでますが。(ホントに毎日w)

それでも新世界よりとジョジョは見てます。
不思議なチョイスだと自分でも思います。笑

何かお勧めのアニメがあれば教えてください。


しかし、今更ながらジョジョを集め、かなり今更ながらドハマりしています。
まんまと集英社の商法に乗せられた感満載ですが、それでも面白いから悔いはない!!

今は第7部にあたるSTEEL BALL RUNの半分ぐらいまで読み進めています。
買いだしたの確か先月なんだけどな……半笑
自分の漫画に対するストッパーのなさにさすがに最近引いてきました、お財布の中身もドン引きです。

んで、人気なのは承太郎さんのいる第三部第四部あたりかと思うのですが、個人的にはモダンホラーを感じられる第一部とか第二部、そして人間のどうしようもない運命の中で生きる群像劇である第五部がお気に入りです。
特に第五部がめっちゃ好きです。(そして今読んでいる第七部もかなりキてます)
ただ欲を言えばもうちょっと他のシリーズと絡みがあってもよかったのでは?と思いますが。
(第六部にジョルノがかけらも出てこんのは話的におかしいやろ、と思わんくもないw)

もちろん作中最強の苦労人、不幸を背負いながらも不幸を不幸としないブチャラティが私の最愛であることは、少し私を知っており、ジョジョシリーズを読んだことある人ならすぐにわかるだろうと思いますw

第五部はみんな好きなんですけどね!
っていうかマフィアものに弱い自覚はあります!笑

ちなみにシリーズ二番目に好きなキャラは第七部にあたるSTEEL BALL RUNのジャイロ・ツェッペリ氏(その表裏一体であるジョニィ・ジョースターも合わせて好き)です。
でもまだ第七部は読み終わってないんでどうなるかわかんないっすw
基本的にあんまり主人公を一番好きにならない私にしては始めてぐらいの勢いでジャイロさんとジョニィさんに首ったけでございます。

ジョジョシリーズって第五部あたりから主人公は運命の傍観者というかあまり主体性を持って描かれる存在ではなくなってきてますよね。
私の大好き第五部のジョルノは、鋼の石を持った中心であって運命の行為者ではない気がします。
むしろトリッシュとかブチャラティの方が運命の行為者、運命に巻き込まれた人たちのように思われます。
第六部の除倫は始めこそ主人公らしかったと思うのですが、途中からマジ何考えてんのかわかんないキャラに変貌w
シリーズで一番成長したのは除倫だと個人的には思っているのですが、荒木先生にとって運命の行為者であるうちは主人公になりえないのかもしれないですねー
そういう意味では第四部の楽しい感じは本当に貴重。
荒木先生が好きにやっている感じがとても楽しいです。
運命とか神とかあんまり関係なく、縛りなく自由に楽しいこと詰め込んだ感じです。
そして第七部に入るとモロ運命とか神とかってでてきてますもんねー
早く第七部読み終わりたい~



さて、二か月ぶりのブログの最後に、私にとってのジョジョってよく語られていると思うのですが、私もセオリーにのって私にとってのジョジョを考えたいと思います。

私は荒木センセの無情なる世界観、けれども世界は人に優しい、たとえどんな人であろうとも。みたいな彼の考え方?人生観がとても好きなんだと思います。
だから第五部・第七部がめっちゃ好きなんだろうなーと感じます。

ま、第六部あたりからかなり哲学っぽくなってきたのでこのあたりをどうとらえるかはその人のジョジョ感次第ってところですかね!

漫画が哲学してるのってあんまり好きじゃないのですが、荒木先生の場合、その哲学、人生観が自分の持っているものと似通っている点、そして哲学をエンターテイメントに滑り込ませる力量を持っている点(言葉による表現に頼りすぎずに画力による説得力がある点と言い換えられるかと思います)が好きになっている理由な気がします。

あー早く七部揃えちゃいたい!!

思いのほか長くなりましたが、また気が向いたときに気の向くままブログります!笑

ブチャラティとジャイロとジョニィがすっきやねーん!!

bucharaty.jpg

jayro.jpg

ブチャラティさんを見ていると、相変わらず黒髪の陰気そうで優しくて、優しすぎるゆえに自己犠牲をいとわない、むしろ自己犠牲を自己犠牲などと微塵と思わない心の強さを持った人が好きなんだな―と改めて、改めて痛感いたしました………
(心が強いかどうかはおいといても自己犠牲ができる人がすごく好きなんだと思います。笑)
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

2012-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。