FC2ブログ

T井の華麗に怠惰な日常。

雑誌・小説・アニメ・マンガ・映画・イケメンetc…T井が好きなものをとにかく語るブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

元気が出るー♪ 

2011/03/17
Thu. 23:42

とっても元気になる漫画の紹介です。
長文注意!!笑


秋田書店 『弱虫ペダル』 渡辺航 チャンピオンで連載中

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/07/08)
渡辺 航

商品詳細を見る



思えば、小学館より秋田書店の漫画の方が持ってねぇ!とこの漫画を買って気付きました…orz
秋田書店の漫画って…今の下宿先に……『エロイカより愛をこめて』ぐらい…かな??
(エロイカも続き買わなきゃなーというメモ)

秋田書店さんは手堅い刊行で有名なんで、秋田書店で平積みされている漫画はかなりの人気作だと思っています。

この『弱虫ペダル』も漫画売り場の広い本屋さんではここ1年ぐらいで平積みされるようになった一作かと思います。
思いきって購入してみると……

めっちゃめちゃおもしろいやんけーーー><!!!!

超テンションあがる漫画です!!!

この漫画はチャンピオン得意のスポ根マンガ。
しかし、そのスポーツは自転車ロードレース!
最近マイナーな競技とか、今まで注目されていなかったところを漫画にする傾向があるような。
(『GIANT KILLING』とかはサッカー監督が主人公だったり、前も紹介した『シュトヘル』とか遊牧民族の歴史ですし。
まぁロードレースに関しては、すでに有名漫画として茄子とかありますが…あぁ…シャカリキ読みたい…笑)
これを読むと自転車ロードレース見たくてウズウズします!

やっぱりあらすじ説明がメチャクチャ下手なんで、一巻の裏側に載っている一巻の紹介分をそのまま引用させて頂きます。


オタク×自転車ロードレース!
ママチャリで激坂を登り、秋葉原通い、往復90㎞!!
アニメに、ゲーム、ガシャポン、フィギュアを愛する高校生・小野田坂道、脅威の激コギ!!
銀輪青春巨編!!


…うん。勢いしか伝わらなかった気がします。笑

まず、ロードレースの説明をかるーくしますと…(漫画から得た知識なんで間違っていたらすみません)
主にロードレーサーはコースの性質によって大きく3つのタイプに分けられるそうです。
1.オールラウンダー(山あり谷ありのコース全体をこなしていくタイプ)
2.スプリンター(平面直線コースを駆け抜けるタイプ)
3.クライマー(山登りを得意とするタイプ)
んで、この漫画は個人戦もありつつ、やはり高校青春巨編(笑)なのでチーム戦を主に展開されていきます。
1チームは6人で構成されて、チーム戦の場合、たった一人のエースを一着でゴールに届けるために
チーム内での役割分担と、敵チームとの様々な駆け引きが、自転車に乗って行われます。
(だいたいエースはオールラウンダーみたいです…ね??)

自転車と一体化する肉体、ぶつかり合う闘気!!
All for one!One for all!!
ひっさしぶりに正統スポ根漫画を読んだー!面白いぞーーー!!!
と、感じさせてくれて、勝負展開にワックワクさせてくれた一作です!
正統スポ根漫画ってやっぱりおもしれぇぇぇえぇぇ!!と、本当に思いました。
最近面白いスポ根漫画に出会ってなかったのかと、逆に気付いたりもしました。
(『GIANT KILLING』もスポ根漫画で大変面白いですv超オススメ。
でもやっぱり監督視点なだけあって読者は多少冷静にならなければならない場面がある、という点でちょっと正統ではないかな?と思います)

主人公の小野田君はクライマーで、ひたむきな努力とそこしれない可能性を秘めた、平凡くんです。
でもやっぱり平凡が成長して行く過程は胸が高鳴ります。
チーム内には最高のライバル、オールラウンダーのクールな釣り目イケメン今泉にスプリンターである浪速のスピードマン鳴子君。
そして、頼れる先輩方。
良き導き手でありゆるぎない精神力でチームを引っ張る、主将金城さん。
大きな肉体で突っ走る姿は肉弾頭、田所さん。
不気味なスタイルで坂を上って不気味に笑う、巻島さん。
以上、6人のチームメンバーが力を合わせて、なおかつお互いに競いながら繰り広げられるレースは血がたぎるーーーー!!(もちろんサポート役の先輩達も超素敵!)

思いを背負って、思いを募らせてこぐペダルの行方はどうなるんだーー!?!?

敵チームのキャラクターともに魅力的です!
いいね、いいね、王道なのに飽きない展開、キャラクター設定…!たまりません!!



何より、ひたむきに、ひたすらにひたむきに、何よりも楽しそうに坂を登っていく主人公、小野田君の必死に無邪気な姿は無性に心に響きます。

だって彼の名前は小野田 坂道
坂を登るために、坂を超えるために生まれてきたような男の子なんだもの。

負けるな、坂道!登れ、坂道!!
まっすぐ、前に、進め、さかみちぃーーー!!!

と、漫画を読んでる最中、叫んでしまいます。笑

いい名前ですね、坂道。
私も、ひたむきに、ひたすらにひたむきに、何よりも楽しそうに坂を越えて行きたいと思います。

本当に、今の時期に巡り合って、読むことができてよかった漫画だなーと思いました。


……ちょっとカッコいいこと言った後になんですが、坂道って叫んでると、スラムダンクの花道を思い出して仕方ないwww
相変わらず漫画を読んでテンションあがると笑顔で雄たけびを上げる変態野郎で申し訳ありませんww

毎度毎度、長文失敬!


以下、本当にどうでもいい、T井の魂の雄たけびです。
今、この胸のたぎりをしたためなければ、あたし、ヲタクじゃない……!!!笑
アイデンティティクライシスが起こる…!!
ということで、オタクテンションで意味不明なこと書いてるんで、あんまり見ないでください…笑笑



……………巻島ぁぁぁぁぁぁ!!!!

好きだーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

巻ちゃん………好きだーーーーーーーーーーー!!!!(興奮のあまり2回目)

巻島さん、超いい先輩なんですよ!
不器用なんだけど優しいって…………森のくまさんか!?!?www

不器用すぎて、後輩との会話の仕方がつかめない巻ちゃん……

「やっぱオレは自転車でしか会話できねェ ショ!!」

カッコいいッス!!!自己流を貫くその不気味に不器用なところが魅力ぅ!!

小野田君「巻島さんの趣味ってなんですか」
巻ちゃん「グラビア」(即答)

オタクで純粋な小野田君にはハードル高い答えですよーー!
趣味グラビアって……wwwww
そもそも会話続けようとする意欲が感じられないwww

手足が異様に長い設定……身体は、アンガールズを想像すればいいんだろうなー

キモカワいいの真骨頂かと思います。

初め、下まつ毛超キメェとか思っちゃってすみません。
いっつもニヤニヤしてるけど歯、乾かないのかな…って思ってすみません。
歯、乾いたら病気になるんじゃ……って犬の鼻扱いしてすみません。

今、全力で大好きなんで許してください。笑

金城先輩も大好きです。
キャプテンポジションはどうしても好きになりますね…orz
金城先輩と坂道はとても似ているなー、と思います。

ってか5巻……神表紙!!!
弱虫ペダル 5 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 5 (少年チャンピオン・コミックス)
(2009/03/06)
渡辺 航

商品詳細を見る
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ttii.blog13.fc2.com/tb.php/147-e7699992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。