FC2ブログ

T井の華麗に怠惰な日常。

雑誌・小説・アニメ・マンガ・映画・イケメンetc…T井が好きなものをとにかく語るブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

漫画に関する独り言 

2011/06/13
Mon. 01:06

最近ブログが週一化してきておりまして若干の危機感…

まぁ相変わらずの書きたい時に書くスタンスは変わりませんが!笑

しばらくはプレ中間発表に向けて引きこもり生活が継続です。


そんな中、封神演義完全版が今10巻まで手元にあります。
あれ…月に2冊ずつ買っていこうと思ったんだけど…な…笑

漫画にかけるパッションはやむことを知りませんね!

しかし、むかーし読んだ記憶を辿るとあの作品の結末は
やっぱりだっきちゃんの母性への没入という当時もそして今も言われる所謂セカイ系の色が濃かったのだなーと思い返しています。
今、最終部分を読むとまた違う気もしますが、
あの作品って割りと皆さん母親コンプレックスですよねー

完全版10巻時点で仙界大戦編の導入部分です。
ここまで読んでて思うのは皆マザコンwww

最終的には世界の母まで出してくるんだからそりゃミクロレベルでは徹底してマザコンだわなー、と。
古代中国という時代設定もありますが、服や言動を超現代的にして誤魔化している感はあるもののやっぱマザコン多いなーと思います。

そんな批評は抜きにして大好きな作品でありますが!
ジャンプ作品にしてはストレートに時代の思想を反映した少し立ち位置が特殊な作品だったのだな~と今にしてみれば思います。
ジャンプは時代迎合型の作品が多い割にはストレートな時代反映型の作品が少ない気がします。
封神演義は妙にその辺が生々しくリアルなんですよねー
初めから終わりを意識して描いていてあまり引き延ばしが感じられない珍しいジャンプ作品だから?

最近ジャンプ読んでないんであんまり大きな声では言えませんが。笑


なんし聞仲が出てくるたびに結末の記憶が脳裏をよぎり涙目なT井です。笑
玉鼎師匠はあの作品中、最大にして最高のママであるだっきちゃんに対抗しうるママだと思います。
おそらく12巻あたりに美しき疑似親子かつ師弟関係が描かれてるんだろうなー!嫌だなー!見たくないなー!!

でもそのシーンが封神演義で一番ぐらいに好きな場面なんですが…
(聞仲vs飛虎の話と甲乙つけがたいですね…)

とりあえず封神演義のキャラクターは皆かっこいいよ!!
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ttii.blog13.fc2.com/tb.php/174-64ea2a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。