FC2ブログ

T井の華麗に怠惰な日常。

雑誌・小説・アニメ・マンガ・映画・イケメンetc…T井が好きなものをとにかく語るブログ

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

我思う、故に…… 

2011/10/11
Tue. 01:51

やめられない、終わらない、レジュメ地獄!!!

Fu~~~!!全然終わんないずぇ~~~~!!!Fu~~~~~~~!!!←壊れた
今までの卒論関係のレジュメの中で一番難産……うおっぇ…笑

あー……できないできないできるできるできるできる←暗示

もうずっとパソちゃんと文献と資料との睨めっこで肩こりを通り越して、backacheですよ…
背中が痛くてたまりません。
背中まで凝りが広がると背中の筋肉の筋がどのように通っているのかが如実にわかりますよね。
あー…どっかにいい背筋持った白人のイケメソお兄ちゃん落ちてねーかなー…(呟き)
前も記事にした気がしますが、おケツから太ももの裏にかけては黒人のお兄ちゃん、背筋は白人のお兄ちゃん、胸筋から腰の締まりにかけてはアジアーンでよろ!!^ω^

出来なさ過ぎて頭が上手く稼働していません。笑


と、言うことでしばしのブレイクターイム。
脳みそを関係ないとこでシェイキンッ!!!Fu~~~!!

結構どうでもいい漫画感想。笑
いつも通りまとまりのないわかりにくい散文ダヨ^^

なんかすげぇオタク界の今の現状を表しているなーと思った一冊。

倉田嘘『百合男子』一迅社

百合男子 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)百合男子 1巻 (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2011/08/18)
倉田 嘘

商品詳細を見る


この、帯のあおり文句が最強。

我思う、故に百合あり。……だが、そこに我、必要なし。」

…うむ、秀逸である。

と、本屋で唸ってなぜかいつの間にかレジに持っていっていました。笑
この帯だけでこの本の価値はあると思います。

この帯の衝撃からか結構発売当初平積みされてたんで買われてる方も多いのでは??


腐女子研究は割と進んできていると思いますが、百合男子研究ってむしろなされてなくて、変態の変体(笑うところ)だと思われている節ありますよね?

なんか、これ読むと多分違うんだろうなーと思う。
いや、変態の変体であることは真でもあると思うんですが。

感覚的に感じていたことをうまーくギャグ調に言われてこうヤラれた!と本屋の片隅で思いました。
ってかアマゾンの画像もこの帯込なところを最大限に評価したい。エラそうですみません。笑

多分そこまで深く意味はないと取られるようにしているんだろうなーと思ったら、予想以上に
百合大好き作者による「俺百合好きだ!」というパッションの叫びで、とても心地よかったです。

そのパッションを、深くもとれるし、薄くも取れるように作られた言葉。

「我思う、故に百合あり。……だが、そこに我、必要なし。」

裏表紙の説明文が上手く作品を説明しているので一部抜粋しますと

「百合が好きだ。しかしそこに男である自分は存在しない…いや、してはならない!
そんな、多くの人々にとっては心の底からどうでもよすぎる苦悩を描いた、一人の男子の残念な成長物語。」

ホント、心の底からどうでもいいんだ!笑

だけど何で私ってコレが好きなの……!?!?

という皆が持っている疑問を自らのパッションのまま、突っ走ったある意味秀作です。笑
好きだと言うパッションのまま描くとこうなるっていう、ね。

若干オタク界のことをわかっていないとわかりにくい部分がありますが、主人公……って言うか作者のパッションと心の叫びを聞く漫画なんで、話の内容は正直どうでもいいよな、と思ってます。

我思う~の帯文も素敵ですが、

「俺の嫁なんていねぇ!!!」

という作中の叫びもお気に入り。笑
作品自体に盛り込まれる現実の百合周辺情報と主人公=作者とか色々なメタ関係具合が良い感じにマッチされています.

結構何も考えずにも読めるし、色々これ読んで発見もあったという超個人的には割とお気に入りの作品。

でも別に他人のパッションとか興味ねぇし、公開オナ●ープレイだろ?とか思う人には全くおススメできないな。笑
後、オタク界に興味のない人とか。

しかし、少しでも、私(俺)なんでコレが好きなんだろう……と言う疑問を持ったことのある人は読んでみたら中々面白いのではないかと思います。
特にコレの部分がBLだったり百合だったりの人は買わんでもいいけど一読の価値はありだと思われます。
あるある物と言ったらそれまでですが、あるある物よりはパッションの熱さなど一歩抜きんでてる感じです。

ストーリーじゃなくてネタの方が光ってる漫画ですね。


一言真面目なこと。

っていうか、おそらく二次元に対してのみじゃなくて社会的に欲望の在り方が変わってきている気風を感じるなぁ…

そういう社会学っぽいことを学校でやってるT井でした。
あぅあぅレジュメェェェェェ…………

どうでもいい上に若干汚い話ですが、レジュメやレポート作成中には出もしないのになぜか頻繁にトイレにたってしまうT井……
今、トイレに立って気付いた。

トイレットペーパーがもうすぐなくなるーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
予備買ってねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

…レジュメ作っている間のトイレに行く回数を控えようと思いますorz笑

くだらない余談でした。

あぅあぅあぅあーーーーーー……^q^

スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ttii.blog13.fc2.com/tb.php/211-188abe50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。